石鹸シャンプー後のリンスは?【3つ】の方法

石鹸シャンプーのあとに、髪がきしんでしまう理由

石けんシャンプーで洗髪をしたあとには、どうしても髪がきしみます。
この「きしみ」が、毒女、最初はイヤでたまりませんでした。
石けんシャンプーを挫折する方の多くは、この「きしみ」に耐えられないからだとか。

そもそも、なんで石鹸でシャンプー後に髪がきしんでしまうのか?というと・・・
それは、石鹸がアルカリ性だからです。
そして、髪の毛は、弱酸性だから、です。

髪の毛は、ご存じのように「キューティクル」に覆われています。
アルカリ性の石鹸で洗髪をすると、キューティクルが開き、アルカリ性に傾いてしまいます。
そして、髪がきしみます。

なので、アルカリ性に傾いた髪の毛を、弱酸性に戻す必要があります。

その方法は、いくつかありまして。

【1】石鹸シャンプーのあとのリンスはなし!

スキンヘッドの方は、軋む髪がありません。
短髪男性は、髪のきしみが気にならないかもしれません。

きしみが気になっても「頭皮の自然治癒力」にたよる!という手もあります。
「自分を信じる」って、大事です。

【2】石鹸シャンプーのあと、手作りリンスを使う

アルカリ性に傾いた髪の毛を、酸性に戻すべく「酸」いりのリンスを自作します。

「リンスを手作りする」といっても、
「洗面器に、大さじ1杯のお酢、またはレモン汁をいれる」
「クエン酸とお水をシャカシャカ混ぜる」
くらいの手間ですが。

手作り好きさんには「つくる楽しみ」がありそうです。
管理人は、その手間すらかけたくなくて、市販の「石けんシャンプー用のリンス」を使っているのですが。

【3】石鹸シャンプー用のリンスを使う

ラクチンさを選ぶなら「石鹸シャンプー用のリンス」がおすすめです。

はじめての石鹸シャンプー用のリンス

「石鹸シャンプー用のリンス」は、アルカリ性に傾いた髪の毛を、弱酸性に戻してくれます。
「石けんシャンプー」を使うなら、ペアで「石けんシャンプー用のリンス」を使うことをおすすめします。

が、アレッポの石鹸使用毒女は、そういう訳にもいかず。

「石けんシャンプー用のリンス」ジプシーをしました。

まず、はじめての石けんシャンプー用リンスは「ねば塾 しらかばリンス」でした。

→[ねば塾]しらかばリンス

ほんのりと上品に、植物系のよい香りがして、使っていて幸せな気分になれます(* ̄ー ̄*)
きしんでいた髪を、リンスにつけると、さらさらになるのも嬉しかったです。

が、使い方が、少し面倒でして。

(1)シャンプーの後、1リットルのぬるま湯に、本品を約10ml溶かして、髪にまんべんなくかけ、マッサージします
(2)きれいな湯でサッと流して下さい。

この「ぬるま湯にリンスを溶かす」手間が、たいへん億劫でした。

さらに、毒女、これまで35年以上「とろみのあるリンス」を使ってきました。
ところが「[ねば塾]しらかばリンス」は、さらさらした液体なのです。

何だか慣れなくて、今では「無印良品の石けんシャンプー用のリンス」を使っています。

石鹸シャンプー用リンス!おすすめはこれ

毒女が、使ったことがあったり、洗濯石けんを使ってよい感じだったメーカーさんの「石鹸シャンプー用リンス」を紹介します。

[太陽樹脂]パックスナチュロン

ポンプ式なので、リンスを混ぜる手間がありません。
使いやすいので、初心者さんにおすすめ。

→【楽天】[太陽樹脂]パックスナチュロン リンス

[ミヨシ]パックスナチュロン

洗濯石けんは、ミヨシさんを愛用しています。
なので、ミヨシさんなら、間違いないかと・・

→【楽天】[ミヨシ]パックスナチュロン